iMac late 2012 (27インチ) 何の前触れもなしに、突然電源が落ちる異常 その2 (自力でなんとかしてみる 2)

前回の記事、

iMac late 2012 (27インチ) 何の前触れもなしに、突然電源が落ちる異常 その1  (自力でなんとかしてみる 1)

の続きです。

 

iMacが突然電源が落ちる現象に見まわれ、さらに日に日に悪化しています。

前回は、応急処置的な対応で改善が見られませんでしたが、今回はMac OS自体の対策をやっていきます。

続きは以下から。

 

 

Macの調子が悪くなったら、とりあえず試してみることが3つあります。

Macの軽微な異常であれば、大半はこれで直るそうです。

それは、

  • NVRAM/PRAMクリア
  • SMCクリア
  • ディスクの修復

です。

 

さらに追加で、修理に出す前提になりますが、以下の3つもやってみる価値はあるそうです。

  • Apple Hardware Test をかける
  • セーフブートで起動する
  • OS Xを再インストールする (Time Machineから、症状が出る以前まで戻す)

 

早速、上から順番に試してみました。

 

 

NVRAM/PRAMクリア


 

Apple公式より

NVRAM と PRAM について

 

Macは、NVRAM/PRAMと呼ばれるメモリに、いくつかの情報を保存しています。

主に以下4つ(らしい。)

  • スピーカーの音量
  • 画面の解像度
  • 起動ディスクの選択
  • 最近起きたカーネルパニックの情報 (存在する場合)

 

何らかの異常により、この情報が書き換えられた/おかしくなってしまうときがあり、それをリセットすると、あっさり直ってしまうかも、と言うこと。

 

やり方は、

  • Macを終了させる。(電源を落とす。)
  • 電源を入れ、キーボードの「command + option + P + R」を押し続ける。(「command + option + P + R」を押しながら電源を入れる、でも可。)
  • コンピュータが再起動するが、2度目の起動音が聞こえるまで、キーを押したままにする。
  • 2度目の再起動音が聞こえたら、キーを放す。

 

注意すべきところは、「command + option + P + R」キーが片手だけで押しにくいのと、

スピーカーの音量がリセットされ、2度目の起動音がかなり大きくなっているので、身構えておいたほうが良いです。驚きます。

 

NVRAM/PRAMリセットを試してみましたが、

症状は改善されなかったので、次へ。

 

SMCクリア


 

Apple公式より

Intel-based Macs:SMC (システム管理コントローラ) のリセット

 

Macには、SMC (システム管理コントローラ) と言う、電源関係の設定を管理するコントローラがあります。
電源関係の設定がおかしくなってしまうことがあるため、これをリセットしてみようとのこと。

 

やり方は、機種やモデルによって違いますが、私の場合はiMacなので、

  • Macを終了させる。(電源を落とす。)
  • 電源コードを抜き、15 秒間待つ。
  • 電源コードを接続し、5秒待ってから、電源をを入れる。

 

こちらも試しましたが、症状は改善されず。

次へ行きます。

 

 

ディスクの修復


 

Apple公式より

ディスクユーティリティを使ってディスクを検証または修復する

 

ディスクユーティリティで、SSDやHDDの異常、Mac OSのシステムの異常を検証・修復します。

こちらは、普通にMacを起動していても使えるのですが、より確実に検証・修復をするために、リカバリーメニューからのディスクユーティリティを試してみます。

 

やり方は、

  • Macを終了させる。(電源を落とす。)
  • キーボードの「command + R」を押しながら、システムを再起動。
  • リカバリーのメニューが表示されるので、「ディスクユーティリティ」を選択。
  • 起動ディスクを選択し、「ディスクの修復」

 

こちらも試しましたが、特に異常は見られず、あっさりと検証・修復が終わってしまいました。

これでも、症状が改善されなかったので、次へ。

 

 

Apple Hardware Test をかける


Apple公式より

Apple Hardware Test の使い方

 

ここまでくると、ハードウェアのどこかの異常を疑うしかありません。

そこで、ハードウェアのテストをやってみることにしました。

 

Macには、Apple Hardware Test (AHT)と言う、ハードウェアをテストする診断機能が用意されています。

機種やモデルによって、別途ディスクに用意されていたりしますが、最近のMacには最初から一緒にインストールされているようです。

 

私のiMacの場合、やり方は、

  • キーボードの「D」キーを押したまま、電源を入れる。
  • 使用言語を選択し、必要だと思われるテストを行う。

 

Apple Hardware Testをかけてみましたが、これも異常は見つからず、問題なしで終了していましました。

ハードウェアの異常じゃないのか?と思い、次の対策へ。

 

 

セーフブートで起動する


Apple公式より

OS X:セーフブート、セーフモードとは?

 

Mac OSを起動する際に、最小限のソフトウェアだけで起動させるブート方式です。

セーフブートを行うことで、スタートアップや設定の確認・修復をしたり、通常起動に異常がないかを確認します。

また、セーフブートよりバックアップを取ることも出来ます。

 

セーフブートのやり方は、

  • キーボードの「shift」キーを押したまま、電源を入れる。
  • Appleロゴとインジケータ (回転するギアマーク) が表示されたら「shift」キー放す。

 

セーフブートは問題なく起動し、電源が落ちる気配もなかったので、念のためにTime Machineからバックアップを取っておきました。

(実は、通常起動をしてTime Machineでバックアップを取っていたのですが、iMacが落ちてしまいバックアップが取れなかったので、セーフブートでバックアップを取りました。)

 

 

OS Xを再インストールする (Time Machineから、症状が出る以前まで戻す)


Apple公式より

OS X:OS X での復元について

 

ある意味の最終手段。OS Xの再インストール。

Mac OSに致命的な異常や、OS自体がおかしくなってしまったときには、OS Xを再インストールすると言う手段があります。

 

やり方は、

  • Macを終了させる。(電源を落とす。)
  • キーボードの「command + R」を押しながら、システムを再起動。
  • リカバリーのメニューが表示されるので、「OS Xの再インストール」を選択。
  • 手順に従って、再インストールをする。

 

アプリケーションを追加したり、何かの拍子でOSに異常が発生し、それのせいでMacに異常が出ていると言う可能性も考えました。

特に、何かアプリケーションを追加したりした覚えはないのですが、一応試してみることに。

 

しかし、OS Xの再インストールは、非常にサイズが大きい再インストール用のデータをダウンロードすることになり、時間がかかります。

なので、普段からTime Machineからバックアップをとっているので、Time Machineバックアップから、症状が出る以前の、一週間前に戻してみます。

が、症状は相変わらず…。

やはり、ハードウェア自体の故障なのでしょうか?

 

 

原因として考えられること


さて、ここまでたくさんの対策を講じましたが、原因と思われることとして、

  • グラフィックボードの異常
  • パワーサプライ(電源ユニット)の異常
  • ロジックボード(マザーボード)の異常

この3つのどれかの可能性が高いと思います。

 

一番初めに、排熱が上手く出来ていないと言う仮説を立てましたが、

CPUやグラフィックボードの温度はそこまで上がっていませんし、ファンも高速回転などせず低回転のままです。

また、iMac自体のコンソール(ログ)を見ても、何かアプリやプログラムが異常を起こしているわけではなく、本当に突然電源が落ちているような感じです。

 

しかし、ハードウェアテストで異常が出ないのがわかりません。

ハードウェアテストで確認出来ない故障なのでしょうか?

 

 

Appleに修理に出す方向で進めることに


様々な対策・検証をしてきましたが、既に私個人ではどうにもならない状態になっています。

ここは潔く、Appleに修理に出すことにします。

 

iMacの修理代は非常に高いことで有名ですが(どんな故障でも大体5万円くらい)、私はこんなに高い修理代は払いたくなかったので、Apple Careに入っています。

Appleは、Macを購入後、1年間だけですが、自然故障などでも無償で修理をしてくれるサービスを用意しています。

Apple Careは、(条件はいくつかありますが)その無償の修理の期間を、さらに2年長くしてくれる、いわゆる保険です。

 

iMac late 2012以降は、自力での修理が非常に困難になっており、私もこの薄いボディを分解して自力で修理する勇気はなかったので、Apple Careに入っておくことにしました。

このiMacを手に入れたのは2013年2月なので、Apple Careの期間には十分入っています。

とりあえず、Appleに修理を依頼する方向で、近い内にAppleに電話してみます。

 

 

関連記事

iMacが突然電源が落ちた!故障はしていないけど、原因は不明…

iMac late 2012 (27インチ) 何の前触れもなしに、突然電源が落ちる異常 その1  (自力でなんとかしてみる 1)

iMac late 2012 (27インチ) 何の前触れもなしに、突然電源が落ちる異常 その3 (Appleへ修理依頼)

iMac late 2012 (27インチ) 何の前触れもなしに、突然電源が落ちる異常 その4 (修理状況を確認)

iMac late 2012 (27インチ) 何の前触れもなしに、突然電源が落ちる異常 その5 (iMac返却)

広告

iMac late 2012 (27インチ) 何の前触れもなしに、突然電源が落ちる異常 その2 (自力でなんとかしてみる 2)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中